製材のことなら静岡県浜松市の有限会社氏原製材へ

会社概要
アクセス

製品までの流れ

アピトン
ケンパス
ラワン
メルサワ

お問い合わせ

有限会社氏原製材 業務内容 製品までの流れ
製品までの流れ
原材料〜製品まで
ここでは当社で扱う製品につきまして、仕入れた原材料を製品に仕上げるまでのおおまかな流れについてご覧頂きます。

1.原材料
原材料 主に東南アジアからの輸入材を取り扱っています。

2.天干をします
天干をします 製材された木材をいきなり乾燥室に入れて乾燥させると製品として実際に使われた時、大きく反りあがってしまいます。 木材の乾燥は通常まず30日屋外の天日にさらして行います。 屋外で雨風に十分さらして一度木の深部まで濡らします。

それからさらに7日から10日の間、木の芯から乾燥させます。そうすることにより、反りの出にくい良い製材を作ることができます。

3.加工機にかけます
加工機にかけます それぞれの用途に合わせて製材加工を致します。


COPYRIGHT(C) 有限会社氏原製材 ALL RIGHTS RESERVED.